季節ごとにみる!ベビー掛け布団の選び方と、ベビーへの掛け方!

待望のベビー!ベビーは寝るのも仕事!寝ているのを見ると、汗をかいていたり、手足が冷たくなっていたり…どの掛け布団を使えばいいか迷うお母さんも多いと思います。そこで今回は、ベビー掛け布団の選び方についてご紹介します。ベビーへの掛け方についても併せて説明します。

ベビー掛け布団は必要?

ベビーは、基本的に、大人より体温が高いです。

しかし、ベビーは体温調節の機能が未熟です。
更に、体が小さい分、体が冷えやすくなって
います。

体、特にお腹が冷えることで、冷たいものを
排除しようと下痢になったり、胃腸機能が
低下することで便秘になったりする可能性が
あります。

なので、赤ちゃんが冷えないように掛け布団
などで調節してあげることが必要なんです。

ベビー掛け布団の選び方~春~

ベビーの身に着けるものは、
「大人より一枚薄く」ということを
基本とします。

大人が、少し肌寒いかなと思う程度が
ベビーにとっては丁度良いのです。

寒暖差が大きい春は、調節しやすいように、
複数の掛け物を準備しておくと便利です。

バスタオルと毛布の組み合わせ、または、
薄手の掛け布団一枚がベビーにとって
丁度良いです。

朝晩の冷え込みが強い日ならば、
掛け布団と毛布またはバスタオルを、
日中の暖かい時なら、バスタオルを、
というように気温によって調節します。

かぶせ方としては、ふんわりと軽く
掛けてあげます。

ベビーの動きを妨げないことがポイントです。

ベビー掛け布団の選び方~夏~

暑い夏は、大人でも掛け布団を蹴飛ばして
しまいますよね。

ベビーは尚更、大人より暑さを感じて
います。

冷えるといけないと思い、掛け布団を
かけても、掛け布団を蹴飛ばしている
事の方が多いのではないでしょうか。

夏は、お腹が冷えないように、
掛け布団ではなく、バスタオルや
タオルをかけてあげましょう。

それでも蹴飛ばしてしまう場合は、
薄手のスリーパーや、腹巻など
お腹が冷えない寝衣を選択します。

ベビー掛け布団の選び方~秋~

秋は春と似て、寒暖差が大きいです。
ですが、春と違って、寒さが日を追うごとに
強くなっていきます。

春と同じように、薄手の掛け布団、タオル、
毛布を、その日の気温に合わせて
組み合わせていきます。

ベビーが、掛物を蹴飛ばしているようなら
暑いということですので、一枚薄くする
など、その都度調節していきます。

足の冷たさが気になるようなら、
レッグウォーマーも選択の一つとして使用する
ことも良いでしょう。

ただ、ベビーは手足から熱を放出させている
ので、靴下は履かせないようにしてください。

睡眠時に靴下をはくことで、熱が放出できずに
体の中にこもってしまうので注意してください。

ベビー掛け布団の選び方~冬~

冬の掛け物の例として、タオルケットや綿毛布の
上に掛け布団1枚を掛けてあげましょう。

厳しい寒さの時には、タオルケットや綿毛布を
一枚追加して調節します。

掛け布団を追加すると、重たくなってしまう
ので、出来るだけ軽いものを追加するように
しましょう。

寝相が悪くて、いつも布団の外へ出てしまう…
そんなベビーには、スリーパーを着せると
すぐに冷えるのを防いでくれます。

暖房は、就寝前に消してしまった方が良い
です。
おやすみタイマーの使用もお勧めします。

就寝中に暖房をつけたままでいると、
知らず知らずのうちに、室温が高くなり
危険ですので注意してください。

ベビーの掛け布団に、羽毛の選択ってアリ?

羽毛布団は保湿性に優れていて、ベビーにも
使った方が良いと思うお母さんも少なくは
ないと思います。

確かに、羽毛布団は保湿性に優れています。

しかし、発汗が多く体温が高いベビーに
とっては、熱がこもりやすく体温が過度に
上昇してしまいます。

また、羽毛布団は、ホコリなどが付着
しやすく、アレルギー発症と関連がある
と言われています。

フワフワした掛け布団の方が、ベビーに
良いと思ってしまいますが、フワフワ
している分、赤ちゃんの顔にかかり、
窒息する危険性もあります。

掛け布団を選択する際には、羽毛布団は
避けた方が良いでしょう。

ベビー布団のサイズ~ミニ・普通・ジュニア~

ベビー布団にもサイズがあるので、
ご紹介します。

「ミニサイズ」では、

掛け布団が80㎝×100㎝
敷布団が60㎝×90㎝
と、生後4週未満の新生児の時期のみ使う
という方に適しています。

「普通サイズ」では、

掛け布団、敷布団と105㎝×130㎝
になっています。
3歳または4歳頃までの使用が適しています。

「ジュニアサイズ」では、

掛け布団が120㎝×140㎝、
敷布団が90㎝×140㎝
と、小学校高学年まで使用できます。

別々の布団で寝るのか、添い寝するのか、
またはライフスタイルによって、布団を
選択してくださいね。

お勧めのベビー布団~西松屋~

西松屋では、セットでベビー布団が売って
あるので、どれを買えばいいか迷っている方に
お勧めです。

値段も手ごろなものが多く、手を出しやすくて
お母さんには有難い商品ですね。

お昼寝布団もバック付きのセットで売ってある
ので、保育園や幼稚園への通園に向けて購入
するお母さんも多いです。

お勧めのベビー布団~オーガニック~

最近では、オーガニックの布団も多く
売られています。

アトピーやアレルギーを気にするお母さんも多く、
オーガニックを選択する方も多いです。

お値段は少々お高めですが、今は丸洗い
出来るオーガニックのベビー布団も多く
あり、衛生面でも安心です。

ベビー掛け布団の選び方・まとめ

ベビー掛け布団の選び方について、いかがでしたか。

ベビーは、言葉で暑さや寒さを訴えることが
出来ないので、親が調節してあげなければ
いけません。

今回ご紹介した、掛け布団の選び方を参考に
快適な睡眠をサポートしてあげて下さいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ