子供の体重って気になりませんか?太ってるのか痩せてるのか?

大抵2000グラム台から4000グラムくらいまでの体重の幅で生れてくる子供たちですが、体重の増え方ってそれぞれ違います。家庭環境や、子供自身の食べ方の傾向とか。あまりに増えすぎても心配、増えなくても心配ですね。平均体重を基に成長の過程を見ていきましょう。

子供の体重の多くはどんな感じ?

生れた時は、50センチ程度の身長に体重2500グラムから4000グラムくらいの体重の新生児が多いですが、赤ちゃんから子供に至るまでの成長は目を見張るものがあるので、体重も順調に増えていきます。もちろん、身長もですが。

子供は平均的に、2歳になると新生児の頃から身長は約2倍、体重は約3倍になります。
生れたときに低体重であっても心配無用です。昨今は「小さく産んで大きく育てよう」とお医者さんでも言われるくらいですから。お母さん自身も出産の時に身体がラクです。

子供の成長曲線ってなに?

成長曲線は、厚生労働省が10年ごとに行っている、全国の乳幼児を対象として体重や身長を男女別に集計して成長推移をグラフにしたものです。現在は、平成22年「乳幼児身体発育調査」の結果が最新のデータになっています。

定期的に行われる乳児健診で赤ちゃんの身長、体重を母子手帳の表に書き込み、成長度合いを確認しても楽しいです。

赤ちゃんの成長曲線とは、全体を100として、小さい方から順番に並べたときに何番目に位置するかを表した数値のことです。つまり、自分の子供の身長や体重を成長曲線の数値で比較してみると、同じ月齢の赤ちゃんの中でどれくらいの大きさかわかります。

ただ、自分の子供の体重、身長を平均と比較して小さい、大きいと悲観してはなりません。小さかった男の子や、太っていた女の子が思春期や成人期になって見違えるほどスラリとした人になっている事がよくあるでしょう?子供って色んな可能性を持った存在であり、未知なのです。

カウプ指数でも確認できます。

カウプ指数をご存知ですか?子供の体重が痩せ気味なのか、太り気味なのかを知る目安として知っていても良いでしょう。、生後3ヶ月から5歳までの子供の体重を判定する簡単な計算式です。
【カウプ指数】体重(kg)÷身長(cm)2×104

出典:http://keisan.casio.jp

食べ物の好き嫌いを無くそう!

これは、子供にだけ言える事では無くて摂取カロリーが代謝カロリーより上回ると太る、
下回ると痩せるという事ですが、小さなうちから神経質になりすぎてはいけません。

大人と違い、子供には身長が伸びる時期、体重が増える時期があります。体重が増えすぎていれば食生活を見直しましょう。忙しいからとファストフードや、お菓子で空腹を満たすのではなく必須栄養素を含む食品を心がけて摂取させましょう。

甘いジュースやお菓子は子供が喜ぶので、笑顔を見たくてあげたくなりますが、小さいうちからの食習慣は大事です。その後の味覚や嗜好を決定していくので、ほどほどにしないといけません。

また、最近の女の子はダイエットに興味を持つ年齢が低下していますが、成長期に極端なダイエットは禁物です。体重を増やさず身長を伸ばしていくイメージで取り組むと良いでしょう。

体重が増えない子供についてはどうでしょう?
こちらも神経質になってはいけません。摂取カロリーが低い、あるいはお腹の弱い子で食べても下痢してしまう、あまり食に興味が無い、など色々考えられますが、お母さんの工夫で食べやすい食事与え、成長に必要な栄養素を摂取させてあげましょう。

3歳から5歳の子供で大体1日に必要な活動エネルギー量は1200キロカロリーから1400キロカロリーだと言われています。足りない部分は、栄養価の高い「おやつ」で補ってあげると良いでしょう。

両者とも、不安であれば3歳児検診で保健師、栄養士などに相談して不安を解消しましょう。

体重を気にする前に必須栄養素を食事で摂ろう。

成長期には特に栄養素を摂取する事が大切だと強調しましたが、具体的に見ていきましょう。ここでは、必須の5つの栄養素を含む食品をご紹介します。

タンパク質

成長期には、タンパク質は筋肉、皮膚や骨、臓器、毛髪、血液を構成する一番大切な栄養素なのです。主に肉や魚、卵、牛乳、大豆などから摂取できますが、これらの食品を毎日バランスよく食事で摂りましょう。

1歳~2歳で1日の推奨摂取量は、20グラム、3歳~5歳で25グラム、6歳~7歳で35グラム、8歳~9歳で40グラム、10歳~11歳で50グラム、12歳~14歳で60グラム、15歳~17歳で65グラム・・・成長期を過ぎても毎日60グラム以上のタンパク質を摂取する事が理想です。

カルシウム

骨や歯を丈夫にするだけでは無く、欠乏するとイライラや情緒不安定を招きます。こちらも摂りすぎてよくない栄養素では無いので積極的に摂取しましょう。思春期の男児は1日に900mg、女児は700mgの摂取が必要とされています。

食品で多く含まれるものは、小魚、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品などです。
タンパク質同様に三食にまんべんなく振り分けて食べたいものです。

DHA

サプリなどでよく聞く「DHA」ですが、ドコサヘキサエン酸という必須脂肪酸です。青魚から摂取できるという事は多くの人がご存知ではないでしょうか?

脳の発達が大切な時期の子供たちには非常に重要です。記憶力や思考力など、学習能力を高めるためにはぜひ摂り入れたい栄養素です。

また、血中コレステロール値を下げ中性脂肪を減らす働きも持ち、生活習慣病の予防にも有効です。主に、マグロ、サバ、サンマ、アジ、カツオ、イワシなど青魚から摂取できます。

毎日の摂取は難しいかもしれませんが、サプリを活用してみても良いでしょう。

鉄分

赤血球を作るために、特に成長期の子供には大切です。鉄分が不足するとイライラしたり、集中力、学習能力の低下を招きます。鉄欠乏性貧血にならないよう、思春期の男児は1日に11mg、女児は14mgを目安にしましょう。女の子は月経が始まると尚更、貧血気味になりますので心がけましょう。

食品としては、ヒジキ、海苔、小魚、レバー、赤身の牛肉などです。
また、お茶やコーヒーに含まれるタンニンは鉄の吸収を妨げるので控えめにしましょう。

亜鉛

亜鉛は体の細胞を正常に維持させる働きを持ちます。また、精神を安定させたり、有害物質の排出を促す効果も期待できます。
カルシウムと併用することで身長を伸ばす効果も生まれます。

代表的な食品はカキ、牛肉、卵の卵黄などに多く含まれます。

子供の体重はあまり細かく考えず、リラックス!

新生児から乳幼児期、学童期、思春期、と色々な過程を経て子供は大人になっていきます。
お母さんにとっては、すべてが初めての事ばかりで不安になるのは当たり前です。
子供の体重が増えない事、増えすぎる事・・・。

大人が、ストレスで痩せたり太ったりしますよね?色々、検証してみましたが、やはり受験期の子供やストレスを抱えた子供は食生活以外に精神的な面で悩みを抱え、体重が増えたり、減ったりします。

規則正しい生活をさせて、子供の心をしっかりと見つめ、安心させてあげるのが一番ではないでしょうか。お母さんもリラックスが大切で、「一日くらい手抜き料理でも、ま、いっか!」と思うくらいでいいのです。お母さんがゆったりしていると子供にも伝わります。ただ、独りで食事をさせず、なるべくお子さんと食事を一緒にとりましょう。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ