理想と現実のギャップ。手続きに付きまとわれる国際結婚!カナダver

外国ドラマや映画を観て、外国人と恋愛してみたい!国際結婚もいいかも!と思ったことのある女子は少なくないはず。現実は「結婚の前に手続き」「一緒に住む前に手続き」など、新婚生活の前に必要な手続きだらけ!ライターが経験したカナダの国際結婚の手続きをまとめました。

外国人について

まず我々日本人と違うところは、体格や顔ですよね。もちろん話す言語も異なります。そして、外国人と言っても皆が皆白人ではありません。アジアの他の国も合わせて外国人なのです。外国人はロマンチックで優しい。なんてことは理想で、やはり外国人と言えど「人」なのです。皆がロマンチックで優しいわけではありませんので、ご注意を。

バックグラウンドの違い

外見以外に文化の違いがあります。育ってきた環境が違うので、感性や発想力が違うのも当たり前のことです。「日本人はよく働くが、ストレスを溜め込みやすい」と言われているように、「働きすぎず、ストレスを溜め込まない」が当たり前の人もいるのです。

だから惹かれる

バックグラウンドに違いがあるからこそ、人として惹かれ合う。ことがあるのではないでしょうか。同じ環境で育ってきた人が言わないような言葉をかけてくれたり。小さな事かもしれませんが、何気ない彼らの言葉が、時に疲れ切った私たちを助けてくれることもあるんです。

だからぶつかり合う

バックグラウンドが違うということは、私たちの常識が通用しない。ということです。だからこそ喧嘩もしてぶつかり合うこともあるのです。これは日本人同士でも同じ事が言えるかもしれませんね。

いざ国際結婚!

これから2人で高い壁を乗り越えていこう!2人なら大丈夫!と国際結婚を決意。これから、楽しい楽しい新婚生活が待ってる。なんて喜んでいる暇はありません。

国際結婚の前に必要な手続き

カナダ人と日本で結婚する場合:日本で結婚するには、相手の独身証明書が必要となります。日本は一夫多妻を認めていません。「この男性は本当に独身なのか」「移住が目的の結婚ではないか」などが疑われるのです。この書類を取得するには、本人がカナダ大使館に出向かなければいけません。私たちは2人で出向き、後日郵送となりました。

ライターの国際結婚体験談

ちなみに私は彼とカナダで結婚するため、カナダに長期滞在していました。カナダで結婚するには結婚許可証を取得する手続きが必要で、その手続きも済ませ、立会人も決めて、日にちも決まっていたのですが、まさかのマリッジブルーになり、カナダから脱走しました。この事がきっかけで、より絆が強まり日本で結婚する事に。

そして、ついに!

カナダ人と日本で結婚する場合:取得した独身証明書は必ず翻訳が必要。後は婚約届を記入して、独身証明書も合わせて提出します。身分証明書が必要になるので、パスポートをお忘れなく。そして、名字を変えたい方は同時に変更が可能です。考えたい方は6か月以内に提出が必要。6か月を過ぎると、裁判所に出向く必要があるので注意。

これらの手順を踏んで、ようやく!国際結婚の成立です。

国際結婚の後に必要な手続き

結婚後、もし名字を変えた方はクレジットカードやパスポートの名前を変更する必要があります。特に国際結婚した人間にとって1番大事と言っても過言ではないのがパスポート。写真付き身分証として海外でも使えるので、情報は正しく。

幸せを噛み締めてる時間はない

結婚する前に話し合っているカップルがほとんどだと思いますが、「国際結婚」なのですから、国籍が異なるわけです。日本に呼ぶのか、相手の国に移住するのか。正直、国際結婚をするにあたっての手続きはとても簡単。これからが大変なのです。

移住の手続き

国際結婚したから、相手の国にすぐに住める!日本に呼べる!わけではありません。暮らすための「ビザ」が必要です。この「ビザ」を取得するための手続きが厄介で仕方ありません。ちなみに私たちはカナダに住むことに決めました。

ビザにも種類がある

相手の国に住むために必要なビザですが、ビザにも種類があります。国際結婚した人はファミリークラスビザを申請する場合がほとんどではないでしょうか。

国内申請か国外申請か

カナダの場合、カナダ国内から移住申請をする「国内申請」か、カナダ国外から申請する「国外申請」かを選ぶことができます。手続きに必要な書類が異なっていたり、ビザを取得できるまでの時間が異なったりします。また、カナダ国内にいながら「国外申請」も可能です。

必要な書類を揃える

移住申請の手続きをするにあたって、必要な書類はたくさんあります。戸籍謄本や結婚証明書、無犯罪証明書など。日本語のものは全て翻訳したものも必要です。健康診断も受けなければいけません。

もちろん申請書類は全て英語

カナダで移住手続きをするのですから、もちろん申請書類は全て英語です。英語が堪能なら問題はないと思いますが、そうでなければ「大変」の言葉しか思いつきません。彼に助けてもらいながら、書類の準備をしましょう。

本物のカップルだと証明する

この結婚は移住のためではないことを証明しなければいけません。2人の思い出の写真や手紙、メールの履歴などコピーを提出しなくてはいけません。申請書類には馴れ初めや、紹介した友人なども書かなくてはいけないので、プライバシーなどありません。

移住の手続きはお金がかかる

まず、日本で結婚するならお金はかかりません。が、カナダで結婚する場合にはお金が必要です。そして、カナダで移住の手続きをする時にもお金が必要です。一緒に住むために必要なお金ですが、決して安い金額ではないのでご注意を。国際結婚は簡単なだけでなく、お金もかかるんです。

ひたすら待つ

移住の手続きに必要な書類を全て揃え、指定場所へ送付した後は「ひたすら待つ」。国外申請と国内申請では待ち時間が少し異なりますが、約12か月はみておいたほうがいいでしょう。待ち時間や自分の審査状況はインターネットで確認できます。

多くの国際カップルが経験する遠距離

国際結婚した後も、すぐに相手の国に住むことは出来ません。詳しく説明すると、ビジタービザで滞在することは出来ますが、働くことができないのです。なので、ビザを取得できるまで、遠距離になるカップルも少なくありません。お互いに働いて、将来の為にお金を貯める。方達も多いのです。

ビザの取得後も更新が必要

更新頻度は人によりますが、3年ごとや1年ごとなど、ビザの更新が必要です。離婚していないかどうか等の確認も含まれているのでしょう。国際結婚は本当に手続きだらけですね。

環境の違いは結構辛い

相手の国に住むとなると、ぶつかるのが環境の違い。言葉も違うし、食文化も違うのです。そして、旅行でもありません。その環境に適応していかなくてはいけないのです。でも、必ず強くなれるので、諦めないことが大事。

でも愛が深まるかも

環境の違いからストレスが溜まったり、彼に当たってしまう時だってあるでしょう。だけど、彼も理解してくれるはず。きっと2人なら乗り越えられる。だって、国際結婚を決意した2人ですから。

手続きだらけの国際結婚

結婚手続き、移住手続き、ビザの更新手続きなど、国際結婚には本当に手続きが付きまといます。そして、出産した後もその子のための手続きが必要。でも、国籍が違う者同士の結婚ですから、仕方ありませんね。

今回はライターの体験談を交えて、国際結婚について書いてみました。申請方法や書類、待ち時間などは随時更新されるので、これから手続きされる方はこまめにチェックしてください。

国際結婚に興味がある方や、これから国際結婚される方。手続きの点では簡単ではありませんが国際結婚のハードルも低くなっていますし、結婚は同じ結婚です。是非、勇気を持って「YES」と答えるか、あなたからアプローチしてみてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ